やるきなし

2017/06/10 23:51 / google-chrome Emacs key binding

google-chrome の key binding が gnome (GTK) の default に戻ってしまい悩む.環境は Debian GNU/Linux sid で,gdm および gnome-shell は利用せず,window manager は awesome window manager.以下のような状況.

Gnome の key binding を Emacs にするには,(時代によって)いろいろあって,手元の残骸を見てみた感じでは以下のとおり.

[~/.gtkrc-2.0]
gtk-key-theme-name = "Emacs"
[~/.gtkrc-2.0]
include "/usr/share/themes/Emacs/gtk-2.0-key/gtkrc"
[~/.config/gtk-3.0/settings.ini]
[Settings]
gtk-key-theme-name = Emacs
% dconf write /org/gnome/desktop/interface/gtk-key-theme  \'Emacs\'
or
% gsettings set org.gnome.desktop.interface gtk-key-theme "Emacs"

~/.config/dconf/user に設定される

他に gnome-tweak-tool を使うというのもあるらしいが,gnome-tweak-tool はいろんな package に依存して面倒だったので試さず(おそらく dconf と同じ).

どの設定も効かなくて悩んだのだが,gnome-terminal を一旦 gnome-terminal-server とともに終了して,gnome-terminal-server と gnome-terminal を起動し直したら設定が有効になった.手元の環境では dconf の設定は効かず,~/.gtkrc-2.0も obsolete で,~/.config/gtk-3.0/settings.ini の設定が唯一効くらしい.

ちなみに gnome の設定まわりは dconf (GUI: dconf-editor)やら gsettings やら gconf (CUI: gconftool, GUI: gconf-editor)やらややこしいのだが,それらの関係はGconf, Dconf, Gsettings and the relationship between themのとおりで,最新環境では dconf のみを信じていればいいらしい.

Related articles