やるきなし

2016/12/30 21:28 / Linux 4.9 -> 4.10-rc1

4.10-rc1 が出ているので .config がどう変更されるのか見てみた.ただし 2016/12/14 23:00 / Linux 4.8 -> 4.9 とはターゲットが異なる(ターゲットは VMware on Windows 上の Guest で CPU は i7-3687U).以下 - は削除されたもの,+ は追加されたもの m->n 等は値の変化を示す.

https://git.kernel.org/cgit/linux/kernel/git/stable/linux-stable.git/commit/?id=9d85025b0418163fae079c9ba8f8445212de8568 で REPORTING-BUGS が Documentation/admin-guide/reporting-bugs.rst に rename されているので,make-kpkg で .deb が作れなくなっている./usr/share/kernel-package/ruleset/targets/headers.mk で REPORTING-BUGS を install している箇所を comment out して make-kpkg する.

あと arch/x86/kernel/cpu/vmware.c に幾つか修正が施されているようで dmesg の diff (抜粋)は以下のような感じ.

-Host bus clock speed read from hypervisor : 66000000 Hz
+vmware: TSC freq read from hypervisor : 2601.000 MHz
+vmware: Host bus clock speed read from hypervisor : 66000000 Hz
+vmware: using sched offset of 10831029224 ns
-Booting paravirtualized kernel on bare hardware
+Booting paravirtualized kernel on VMware hypervisor

追記(2017/2/27)

Linux 4.10 に REPORTING-BUGS が含まれない問題だが,kernel-package に https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=849357 のように bug report されている.

Related articles