やるきなし

2019/10/14 17:24 / gnome-terminal で Control-s が効かない

手元の Debian on WSL with VcXsrv の gnome-terminal で ctrl-s すると固まる(ctrl-q で復帰).stty -a によると以下のような感じで stop に割り当てられている.

% stty -a
speed 38400 baud; rows 32; columns 140; line = 0;
intr = ^C; quit = ^\; erase = ^?; kill = ^U; eof = ^D; eol = <undef>; eol2 = <undef>; swtch = <undef>; start = ^Q; stop = ^S; susp = ^Z;
rprnt = ^R; werase = ^W; lnext = ^V; discard = ^O; min = 1; time = 0;
-parenb -parodd -cmspar cs8 -hupcl -cstopb cread -clocal -crtscts
-ignbrk -brkint -ignpar -parmrk -inpck -istrip -inlcr -igncr icrnl ixon -ixoff -iuclc -ixany -imaxbel iutf8
opost -olcuc -ocrnl onlcr -onocr -onlret -ofill -ofdel nl0 cr0 tab0 bs0 vt0 ff0
isig icanon iexten echo echoe echok -echonl -noflsh -xcase -tostop -echoprt echoctl echoke -flusho -extproc

いつからこうなったのか不明.ターミナル内で Emacs を起動(emacs -nw)する際に C-s によるインクリメンタルサーチが出来ず非常に困る.以下で stop を undef する(ついでに C-q の start も undef).

% stty stop undef
% stty start undef

Windows から WSL の Debian を起動する際に現れる Windows のコンソールではこの問題は発生しない様子(stty -aでは stop/start が C-s/C-q に割り当てられているが).

2019/10/02 00:03 / Linux 5.3.1 -> 5.4-rc1

Linux 5.4-rc1 がでたので,.configがどう変更されるのか見てみた.以下 - は削除されたもの,+ は追加されたもの.x86_64.New features 等は https://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=linux-54-features&num=1 参照.

追加

削除

Related articles

2019/10/01 17:29 / qTranslate-XT

随分前に開発が止まった qtranslate の代替として mqtranslate を利用したり,その開発も止まって qTranslate-X を利用したりしていたのだが,qTranslate-X も開発が止まっているらしい.

2019/9/1 9:53 / WordPress on Debian 10でも書いたとおりパッチが必要だったり,PHP 7.3.9-1~deb10u1 環境だと更に以下のワーニングも出る.WP-CLIを利用して気付いた.

PHP Warning:  "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /somewhere/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php on line 497

case 文中の continuebreak に置き換えれば済む話だが,qTranslate-X を引き継いで開発が進められている qTranslate-XT (eXTended) に移行することにした.ただし /wp-admin/ (WordPress の Web I/F) からだとプラグインが見つけられず,自前で/somewhere/wp-content/plugins/qtranslate-xt/に配置(zipを展開するかgit clone)する必要がある.

Related articles

2019/09/21 01:22 / 自転車ライト交換

2013年頃から使っていた自転車のライト,CAT EYE HL-EL130 が壊れてしまった.ブラケットにカチッと固定する部分がプラスチックで,それがもうきっちり嵌らなくなったと言うかすぐに取れてしまう状態になっていて,走っているうちに落としてしまい点かなくなった.ちなみに CAT EYE 製造なのだがCBA (サイクルベースアサヒ)ブランドの同等品.

ということで,明るめ・充電式・そこまで高くない CAT EYE VOLT200 HL-EL151RC を購入.明るくなってよいのだが,点滅モードも明るいままなので,結構チカチカうざい.あと点滅が少し遅い気がする.ちなみにブラケットは共通なので前のものをそのまま利用(新しいライトに付属しているものは保存).

2019/09/21 00:11 / Missing field "itemListElement" on WorePress with Breadcrumb NavXT

Google Search Console から以下のようなメールが届いた.

Google has started validating your fix of Breadcrumbs issues on your site. Specifically, we are checking for ‘Missing field “itemListElement”’, which currently affects 143 pages.

WordPress で Breadcrumb NavXTというプラグインを利用しているサイトに関する Validation Report で,古い Breadcrumb NavXT の Default のテンプレートのままだったのが原因.その Default はたぶん以下.

<span typeof="v:Breadcrumb"><a rel="v:url" property="v:title" title="Go to %title%." href="%link%" class="%type%">%htitle%</a></span>

これ,本来は以下のようになっているべき(class.bcn_breadcrumb.phpget_default_templateという関数で作られる様子).

<span property="itemListElement" typeof="ListItem"><a property="item" typeof="WebPage" title="Go to %title%." href="%link%" class="%type%" ><span property="name">%htitle%</span></a><meta property="position" content="%position%"></span>

ただ,このテンプレートを一括設定できる箇所がない.Settings → Breadcrumb NavXT でジャストなものを見つけられず,Home へのリンク向け等特別な場合のテンプレートは設定可能な様子で,それらも古い Default になっていて,さらに全てプラグインの Default に設定することも不可の様子.

ということで,一旦 Breadcrumb NavXT を Deactivate して,Delete して,再度インストールしたらプラグインの Default に設定された.これでしばらく様子見.

これで直らなかったら mysql に保存されている Breadcrumb NavXT 関連の設定を削除するなどを考えていたが,アンインストールすれば設定も削除される様子.ちなみに WordPress の options のテーブルの option_name = bcn_options というレコードに保存されている(uninstall.phpで削除される).

Related articles