やるきなし

2019/08/05 11:31 / rstudio on Debian 10 (rstudio: error while loading shared libraries: libssl.so.1.0.2: cannot open shared object file: No such file or directory)

RStudio Desktop (Free)はDebian 9版までしか現状なくて,Debian 10 (buster)では以下の様に libssl.so.1.0.2 が存在せず起動できない.

% rstudio
rstudio: error while loading shared libraries: libssl.so.1.0.2: cannot open shared object file: No such file or directory

libssl.so.1.0.2 は package libssl1.0.2 (stretch でのみ存在)で提供されていて,これを入れると解決する.

% wget http://security.debian.org/debian-security/pool/updates/main/o/openssl1.0/libssl1.0.2_1.0.2s-1~deb9u1_amd64.deb
% sudo dpkg -i libssl1.0.2_1.0.2s-1~deb9u1_amd64.deb

2019/07/24 20:01 / wl-summary-redisplay-internal: ‘recenter’ing a window that does not display current-buffer.

Wanderlust で複数メッセージを * でマークして,m f でまとめて転送しようとすると,以下の様に怒られて1件目しか draft バッファに入ってくれない.

wl-summary-redisplay-internal: ‘recenter’ing a window that does not display current-buffer.

wl-summary-redisplay-internalの以下の箇所でコケているっぽい.

      (when wl-summary-recenter
        (recenter (/ (- (window-height) 2) 2))
        (if (not wl-summary-indent-length-limit)
        (wl-horizontal-recenter)))

あまり深追いせずに ~/.wl に以下を書いておく.

(setq wl-summary-recenter nil)

Info による変数の説明は以下の通り.

`wl-summary-recenter'
     初期設定は `t'。Non-nil ならば表示したときに表示中のメッセージのサ
     マリ行をウィンドウの中央付近に移動します。

今まで気にしたこと無いし,nil にしたところで挙動が変わらないような気もする.

2019/07/23 19:42 / Windows 10 WSL (Windows Subsystem for Linux)

WSL (Windows Subsystem for Linux)(Debian 9)導入のメモ.様々なことができるようになるつつあり便利なので,手元以外の他の計算機でも導入したので,そのメモ.まず WSL を有効にする.https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/install-win10 参照.以下を管理者権限の PowerShell で実行.再起動.

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

あとは,Store から Debian を検索して Install/Launch.以下の様な感じで Shell が立ち上がって終了.

Installing, this may take a few minutes...
Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username: myn
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
Installation successful!
myn@example:~$ id
uid=1000(myn) gid=1000(myn) groups=1000(myn),4(adm),24(cdrom),27(sudo),30(dip),46(plugdev)

まず gid (primary group)が username で感じ悪いと言うか落ち着かないので,100(users) に変更する.

myn@example:~$ sudo usermod -gusers myn

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

[sudo] password for myn:

上記,usermod -Gusers myn だと groups=100(users) のみになって,sudo group から抜けてしまい,sudoできなくなるので注意(一回間違えてやってしまい,一旦 Debian を削除して,再度 Install した).

一旦窓を閉じて再度 Debian を起動し以下確認.ついでにいちいち sudo で password 入力するのが面倒なのでvisudoNOPASSWDにする.

myn@example:~$ id
uid=1000(myn) gid=100(users) groups=100(users),4(adm),24(cdrom),27(sudo),30(dip),46(plugdev)
myn@example:~$ sudo sh -c 'EDITOR=vi visudo'
-%sudo   ALL=(ALL:ALL) ALL
+%sudo   ALL=(ALL:ALL) NOPASSWD: ALL

Default の umask が 000 で落ち着かないので,umask 022 する...

ひとはず package を upgrade して zsh と git を入れる./usr/bin/zsh に切り替えて窓立ち上げ直し.

myn@example:~$ sudo apt update
myn@example:~$ sudo apt upgrade
myn@example:~$ sudo apt install zsh git
myn@example:~$ chsh
Password:
Changing the login shell for myn
Enter the new value, or press ENTER for the default
        Login Shell [/bin/bash]: /usr/bin/zsh

おもむろに sid に上げる.

myn@example:~$ echo deb http://deb.debian.org/debian unstable main | sudo tee /etc/apt/sources.list
myn@example:~$ sudo apt update
myn@example:~$ sudo apt dist-upgrade

使用している zsh が混乱した状態になるので,窓立ち上げ直し.ここから git で設定ファイル等を他から持ってくるのだが,ssh が必要になるので,key-pairs を copy してくる.

% rsync -avz remote:.ssh/ .ssh/
myn@remote's password:
% ssh-agent screen
% ssh-add

あとは自身管理で git に入れている,必要 package を install したり各種設定をする謹製 script を実行.時間を喰うので,その間に Windows 用 Xserver である VcXsrv (現時点では vcxsrv-64.1.20.1.4.installer.exe が最新) を install.

他メモ.

Related articles

2019/07/22 19:13 / Linux 5.2.2 -> 5.3-rc1

Linux 5.3-rc1 がでたので,.configがどう変更されるのか見てみた.以下 - は削除されたもの,+ は追加されたもの.x86_64.New features 等は https://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=linux-53-features&num=1 参照.

追加

Rename

削除された

RDM関連

crypto 関連

Related articles

2019/07/19 16:32 / Mac の NFD: Normalization Form Canonical Decompression 問題

MacではUnicode正規化形式としてNFD (Normalization Form Canonical Decompression; 正規化形式D)が利用されていて,Macユーザから日本語ファイル名のファイルを含むzipファイルが送られてくる際,そのファイル名がNFDになっていて Windows/Linux ユーザからすると感じが悪い.具体的には濁点(U+3099)・半濁点(U+309A)が文字として分離されている状態.

Windows ではエクスプローラーでひとまず表示はされる.手元の Linux の場合もそれっぽくは表示されるが ÿ という謎の文字が後に付加される...

そもそもファイル名がUTF-8でzipに含まれるので,Windows (Shift_JISを想定)では激しくファイル名が文字化けする.一方 Linux の unzip は UTF-8 を想定するので正しいファイル名で復号される(Windows 由来の Shift_JIS ファイル名が含まれるzipをLinuxで解凍する際は自動文字コード変換をする unar 等を使う).

いろいろやり方はあるが以下の Ruby script で濁点と半濁点だけなんとかする(あ゛などは想定外).

print STDIN.read.split("").inject([]){|r,i|
    if [0x3099,0x309a].include?(j=i.ord)
        i=(r.pop.ord + j - 0x3098).chr('UTF-8')
    end
    r<< i
}*""

convmv (Perl script)というコマンドが利用可能な場合は以下でまるごと置換可能.

% convmv * -f UTF-8 -t UTF-8 --nfc --notest

なお,Mac 環境から rsync する際は --iconv=UTF8-MAC,UTF-8 optionを付けると良いらしい.NFD/NFC変換がiconvでできないか手元(Linux)で試してみたが,以下のとおりサポートされていなかった.

iconv: conversion to `UTF-8-MAC' is not supported

参考: