やるきなし

2021/01/12 14:52 / gnome-shell で Alt-tab で group ベースの window switch (swith-application)をしない

gnome-shell の Alt-tab は window を純粋にスイッチ(switch-windows)するわけではなく,複数 window がある application はグループ化されてしう.グループ化された window グループ内で window を switch されるためには Alt-`,あるいは Alt-tab で window switcher を出した状態で矢印キーを使う必要がある.ということで Alt-tab で group ベースの window switch をしたくなくて,そのための設定.

具体的には switch-applications に割り当てられている <Alt>Tab を switch-windows に移動する.以下.dconfdconf-editor (GUI)でも同じようなことができる.

% gsettings get org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-applications
['<Super>Tab', '<Alt>Tab']
% gsettings get org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-windows
@as []
% gsettings set org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-applications "['<Super>Tab']"
% gsettings set org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-windows "['<Alt>Tab']"
% gsettings get org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-applications
['<Super>Tab']
% gsettings get org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-windows
['<Alt>Tab']

なお,グループ化された window グループ内で window を switch されるための Alt-` は以下のような default 設定になっていて,

% gsettings get org.gnome.desktop.wm.keybindings switch-group
['<Super>Above_Tab', '<Alt>Above_Tab']

ここで Above_Tab は ` のことで,Tab の上にあるキーであることが想定されている.標準的な英語キーボードがそのようなレイアウト(HKKBの場合は英語配列でも右上端に ` がある.).

参考:

Related articles